店舗への集客やリピーターを得るための宣伝方法について紹介

店舗の集客を目的とした宣伝をする時の注意点

携帯画面の様子

SNSや広告のチラシなどの媒体を使って、店舗の集客に繋げる宣伝を行う場合には、いくつか気を付けなくてはいけない点があります。その一つがターゲットの明確化です。宣伝はむやみやたらに行っても成果を得ることはできません。年代や性別など集客したい層を明確にしてから行うことで、初めて高い効果を発揮されます。同じ世代でもライフスタイルや物に対する価値観は十人十色なので、発信する情報を細かく使い分けるのが成功の秘訣です。
店舗の宣伝では顧客に認識させることも重要になります。どんなに有益な情報が掲載されていても、存在を認識してもらえなければ意味がありません。認識されない主な失敗例として、登録者数の少ないSNSを宣伝媒体に利用している、文字だけの羅列で読み手が興味を持ちにくい構成になっているなどがあります。宣伝はイラストや色遣いで全体を明るくして興味を持たせるといったように、オリジナルの工夫を凝らすことが基本です。
実際にお店を利用した人に紹介をしてもらう口コミの集客を利用する時は、ただ促すだけでなく顧客にメリットを持たせなくてはいけません。人数に応じて粗品をプレゼント、料金を割引するなど、店舗の宣伝をすれば得だと感じる状況を作ることで、積極的に動いてくれるようになります。

Press Release

  • キーボードを触る

    SNS活用での集客からのリピーター客になるための店舗接客術

    いざ店舗をオープンしても集客が無く売り上げに繋がらず、すぐに閉店に追い込まれるという話はよく耳…

  • 携帯からハートのアイコン

    次回も来てくれる店舗の集客術とスタッフとディスプレイについて

    アパレルやインテリア雑貨等を販売する店舗の集客術について紹介します。 最初の集客…

  • 携帯画面の様子

    店舗の集客を目的とした宣伝をする時の注意点

    SNSや広告のチラシなどの媒体を使って、店舗の集客に繋げる宣伝を行う場合には、いくつか気を付け…

  • 行列ができる

    ネイルサロンの効果的な店舗への集客方法

    ネイルサロンは年々多くの店舗が増えているので、集客方法を工夫して他店舗との差別化を図ることが非…