店舗への集客やリピーターを得るための宣伝方法について紹介

次回も来てくれる店舗の集客術とスタッフとディスプレイについて

携帯からハートのアイコン

アパレルやインテリア雑貨等を販売する店舗の集客術について紹介します。
最初の集客は入ってみようかな?と思わせるディスプレイが必要です。これにより、何となく入ってみようという目的不確定のお客様がよく入られることになります。
店頭には魅せ筋と呼ばれる、目立つ、面白い、華やか、お店のイメージになるような商品を置きます。
ポイントは季節に合わせて置くことです。冬なら思わず触りたくなるような手触りのいいもの、5月、6月なら母の日、父の日のようなギフトに出来そうなものなど、お客様が見ていて楽しいがメインになります。
店舗内に集客量が多いほど自然と新規のお客様が入りやすい雰囲気になりますが、何となくで入ってきたお客様にとっては、店舗スタッフが積極的に声がけすると逆効果になります。そのためスタッフには、どのような用途で入られたお客様なのかを見極める教育が必要です。
また、お客様が購入をしてくれた場合には、次回も来て頂くためにブランドの印象付けと、目的の二段回提示が効果的です。
次回シーズンのおすすめ商品の告知、リピート来店、購入者への特典をセットが行うということです。
ポイント制度があふれる現代社会で、お会計時での当たり前のような会員登録、メルマガ登録の勧誘は逆効果なる場合が増えてきました。
対面販売のメリット・デメリットをシンプルにすることが、情報が増えた現代社会でのお客様とのつながり増加につながります。

Press Release

  • キーボードを触る

    SNS活用での集客からのリピーター客になるための店舗接客術

    いざ店舗をオープンしても集客が無く売り上げに繋がらず、すぐに閉店に追い込まれるという話はよく耳…

  • 携帯からハートのアイコン

    次回も来てくれる店舗の集客術とスタッフとディスプレイについて

    アパレルやインテリア雑貨等を販売する店舗の集客術について紹介します。 最初の集客…

  • 携帯画面の様子

    店舗の集客を目的とした宣伝をする時の注意点

    SNSや広告のチラシなどの媒体を使って、店舗の集客に繋げる宣伝を行う場合には、いくつか気を付け…

  • 行列ができる

    ネイルサロンの効果的な店舗への集客方法

    ネイルサロンは年々多くの店舗が増えているので、集客方法を工夫して他店舗との差別化を図ることが非…