店舗への集客やリピーターを得るための宣伝方法について紹介

インターネットを活用して店舗の集客アップを目指そう

携帯と積み木

インターネットが広がる現代社会では、店舗の集客数を増やすためにインターネットを活用することも大切です。ここで問題になるのが、インターネットを利用して集客アップを目指す場合に、どのような形で活用できるのかという点です。活用方法にも複数のやり方があるので、どのような選択肢があるのか調べてできるところから始めるようにしましょう。

店舗のホームページがすでに存在しているのであれば、ホームページを充実させるところから始めるのも1つの手です。インターネットで店舗について顧客が検索したとき、一番最初に目にするのがホームページです。このときホームページの内容が不十分だと、来店してもらうチャンスを逃す可能性があります。そこで集客へとつなげるために、ホームページでは、内容を充実させましょう。商品情報や営業時間など、顧客が必要な情報を記載することが集客アップのためのポイントの1つです。

さらに店舗の集客数を増やすために、SNSを活用するという方法もあります。SNSを使って商品の紹介をするだけではなく、割引クーポンを配布することも可能です。SNSの種類によって適した活用方法が異なるので、状況に合わせて活用するようにしましょう。

店舗の集客率アップでSNSを利用するメリット

店舗の集客率を上げるための選択肢はいくつかありますが、中でも比較的多くの所で利用されているのがSNSです。SNSを利用した集客作業には、この方法ならではのいくつかのメリットがあります。その一つが利点は拡散による認知度のアップです。時代の移り変わりで利用者が急増しているSNSは、誰でも気軽にアカウント登録ができる上に、気軽に情報を発信することができます。自分の店舗で取り扱っている商品に興味がありそうなユーザーをフォローしていけば、その人たちが情報を拡散してくれるので、効率良く宣伝を行うことができるのです。ハッシュタグを付けて店舗独自のキャンペーンなどのお得な情報を発信すれば、フォロワー以外の興味を引くこともできます。
ただし、SNSによる集客作業を行う場合には、長期的視野で見て行かなければいけません。誰しもがリアルタイムで気軽に情報を発信できることで、すぐにでも宣伝の効果が表れると考えている人もいますが、これは誤った認識です。SNSによっては反応が出るまでに時間が掛かってしまうものもあります。すぐに結果が出ないからといってすぐに諦めずに、数ヶ月や半年程度の長いスパンで結果を出すくらいの気持ちで根気良く続けて行くことが大切です。

店舗の集客率を上げる3つの選択肢と期待できる成果

店舗の売り上げアップに繋がる集客作業にはいくつかの選択肢があります。まず基本として挙げられるのがSNSの利用です。携帯電話やパソコンの普及に伴って利用者が急増しているSNSで、店舗のアカウントを作って情報を発信すれば、近隣だけでなく遠くに離れた人を対象にした宣伝も行うことができます。取り込みたいユーザーを狙って積極的にフォローをしていけば、フォロワー発信による宣伝という相乗効果を生むことも可能です。
SNSの利用者が急増しているといっても、全ての人が使っているわけではありません。中高年など世代によっては利用していないケースも多いのが実情です。こうした世代の集客を上げるのに有効となるのが、チラシを始めとした紙媒体です。チラシというと新聞折り込みをイメージされがちですが、新聞は労力を使わずに効率良く情報を拡散できる反面、契約などで費用が掛かってしまいます。少しでも費用を抑えるのであれば、自社で印刷したチラシを1軒ずつポストに投函したり、駅前など人通りの多い所で配布する方法が最適です。
そのほか、実際にお店を利用した人に紹介してもらう、口コミによる集客という方法もあります。口コミは成果が出るまでに若干時間が掛かりますが、コストを掛けずに店舗の宣伝ができるのが利点です。

Press Release

  • キーボードを触る

    SNS活用での集客からのリピーター客になるための店舗接客術

    いざ店舗をオープンしても集客が無く売り上げに繋がらず、すぐに閉店に追い込まれるという話はよく耳…

  • 携帯からハートのアイコン

    次回も来てくれる店舗の集客術とスタッフとディスプレイについて

    アパレルやインテリア雑貨等を販売する店舗の集客術について紹介します。 最初の集客…

  • 携帯画面の様子

    店舗の集客を目的とした宣伝をする時の注意点

    SNSや広告のチラシなどの媒体を使って、店舗の集客に繋げる宣伝を行う場合には、いくつか気を付け…

  • 行列ができる

    ネイルサロンの効果的な店舗への集客方法

    ネイルサロンは年々多くの店舗が増えているので、集客方法を工夫して他店舗との差別化を図ることが非…